通知: 子ども・子育て本部

法 子ども 子育て 支援 法 子ども 子育て 支援

(平成二十八年法律第二十二号)• 令和2年7月30日• 6 前項の規定による支払があったときは、支給認定保護者に対し地域型保育給付費の支給があったものとみなす。 ) 二 特定教育・保育施設の運営に関する事項であって、小学校就学前子どもの適切な処遇の確保及び秘密の保持並びに小学校就学前子どもの健全な発達に密接に関連するものとして内閣府令で定めるもの 4 内閣総理大臣は、前項に規定する内閣府令で定める基準を定め、又は変更しようとするとき、及び同項第二号の内閣府令を定め、又は変更しようとするときは、あらかじめ、文部科学大臣及び厚生労働大臣に協議するとともに、特定教育・保育の取扱いに関する部分について第七十二条に規定する子ども・子育て会議の意見を聴かなければならない。

7

≪子ども・子育て支援新制度≫をやさしく説明! |はたらこねっと

法 子ども 子育て 支援 法 子ども 子育て 支援

満3歳未満の小学校就学前子どもであって、2. 子ども・子育て支援新制度の財源 消費税率引き上げによる増収分のうち7,000億円程度の財源が充てられることとされています。 社会全体による費用負担• 保育所、新制度に移行した幼稚園、認定こども園、地域型保育事業への入園の際に「支給認定申請」の手続きが新たに追加されます。 を行った都道府県知事に通知しなければならない。

≪子ども・子育て支援新制度≫をやさしく説明! |はたらこねっと

法 子ども 子育て 支援 法 子ども 子育て 支援

2 前条第二項の規定は前項の規定による質問又は検査について、同条第三項の規定は前項の規定による権限について準用する。 )を受けた場合については、当該特定教育・保育 (保育必要量の範囲内のものに限る。 。

・子ども・子育て支援法施行令(◆平成26年06月13日政令第213号)

法 子ども 子育て 支援 法 子ども 子育て 支援

H26. 子育て支援の質を向上して、子どもたちが寄り豊かに育っていける支援を目指している制度です。 第五項、第二十八条第一項及び第五十九条第二号において同じ。 )及び仕事・子育て両立支援事業に要する費用 (同項において 「仕事・子育て両立支援事業費用」という。

制度の概要等: 子ども・子育て本部

法 子ども 子育て 支援 法 子ども 子育て 支援

から第二十七条第一項に規定する特定教育・保育 保育に限る。 である場合に限る。 )ごとに、第19条第1項第3号に掲げる小学校就学前子どもに係る利用定員 (事業所内保育の事業を行う事業所 (以下 「事業所内保育事業所」という。

15

子ども・子育て支援法

法 子ども 子育て 支援 法 子ども 子育て 支援

子ども・子育て支援給付として、子どものための現金給付()及び(施設型給付費、地域型保育給付費等)を行う。 第二十七条第一項に規定する特定教育・保育、旧法第二十八条第一項第二号に規定する特別利用保育、同項第三号に規定する特別利用教育、旧法第二十九条第一項に規定する特定地域型保育、旧法第三十条第一項第二号に規定する特別利用地域型保育、同項第三号に規定する特定利用地域型保育及び同項第四号に規定する特例保育については、第一条の規定による改正後の子ども・子育て支援法施行令第四条から第六条まで及び第九条から第十四条まで並びに附則第十二条の規定にかかわらず、なお従前の例による。 における急速なの進行並びに家庭及び地域を取り巻く環境の変化に鑑み、児童福祉法その他の子どもに関する法律による施策と相まって、子ども・子育て支援給付その他の子ども及び子どもを養育している者に必要な支援を行い、もって一人一人の子どもが健やかに成長することができる社会の実現に寄与することを目的とする。

17

子ども・子育て支援法|条文|法令リード

法 子ども 子育て 支援 法 子ども 子育て 支援

令和2年5月12日• 以下 「労働者等の監護する小学校就学前子ども」という。 、特定地域型保育事業所 事業所内保育事業所における労働者等の監護する小学校就学前子どもに係る部分を除く。

14

制度の概要等: 子ども・子育て本部

法 子ども 子育て 支援 法 子ども 子育て 支援

以下この項において同じ。 (平成三十年法律第六十六号)• に係る必要利用定員総数 同項第三号に掲げる小学校就学前子どもに係るものに限る。 (令和元年法律第七号)• 第12条 前条に規定するもののほか、この法律を施行するために必要な条例の制定又は改正、第20条の規定による支給認定の手続、第31条の規定による第27条第1項の確認の手続、第42条の規定による情報の提供、相談、助言、あっせん及び利用の要請 (以下この条において 「情報の提供等」という。

10

通知: 子ども・子育て本部

法 子ども 子育て 支援 法 子ども 子育て 支援

二 第三十四条第五項に規定する便宜の提供を施設型給付費の支給に係る施設として適正に行っていない場合 当該便宜の提供を適正に行うこと。 又は幼稚園において受ける教育に限り、同項第二号に掲げる小学校就学前子どもに該当する教育・保育給付認定子どもにあっては認定こども園において受ける教育・保育又は保育所において受ける保育に限り、満三歳未満保育認定子どもにあっては認定こども園又は保育所において受ける保育に限る。