ロシアの睡眠実験

は ロシア 睡眠 実験 と は ロシア 睡眠 実験 と

今回はCreepypastaより、この都市伝説についてご紹介したく存じます。 その液体の何割を血液が占めていたのかについては、知る由もなかった。

13

ロシアの睡眠実験

は ロシア 睡眠 実験 と は ロシア 睡眠 実験 と

」 研究者は一瞬凍った。 でもそうでない人なら、そう簡単にそんなことは起こりません」と。 が、彼らの指揮官はただちに実験を再開するように求め、研究者たちは囚人たちのいる部屋に入っていった。

5

【都市伝説】ロシアの睡眠実験

は ロシア 睡眠 実験 と は ロシア 睡眠 実験 と

その結果待っていたのは、さらなる混沌だ。 研究者は息を飲んだ。 外科医の主宰者は、「患者がまだ生存していることが医学的に不可能だ」と繰り返し述べている。

ナチス・ドイツの人体実験

は ロシア 睡眠 実験 と は ロシア 睡眠 実験 と

被験者は観察を妨害し、発狂し、叫び、唸った。 被験者は完全に密閉された環境に置かれており、科学者達はガスの濃度が高くなり、被験者が死んでしまわないように、常に実験チャンバー内の酸素量をモニタリングしていなければならなかった。

14

荳咲悛螳滄ィ 繧「繝。繝ェ繧ォ

は ロシア 睡眠 実験 と は ロシア 睡眠 実験 と

言う通りにしなければ撃つ。 被験者が生きているかは室内の酸素量計で確認された。

7

睡眠しないと驚きの事実が判明!ロシアの人体実験に世界が震えた!!

は ロシア 睡眠 実験 と は ロシア 睡眠 実験 と

それでも彼は驚くべき執念でなんとか放送をつづけたが、オンエアのスイッチを切った途端、幻覚にみまわれた。 彼らの行動や会話はすべて監視され、留意点としては次第に彼らの過去のトラウマにまつわる会話が増えてきて、4日後には会話のトーンも暗く重苦しくなってくたことであった。 実験の中心的なリーダーはであり、彼はからにかけて、アウシュヴィッツに収容されていた双子1,500人に対して実験を行った。

ナチス・ドイツの人体実験

は ロシア 睡眠 実験 と は ロシア 睡眠 実験 と

そして話は広く拡散していきます。 日中、脳は活発に働き続けるので、睡眠時に回復する必要があります。 重度の妄想や幻覚を発症した者もいた。

9