一般社団法人日本バルブ工業会

プラス デク ロラン プラス デク ロラン

これにより、Candidate ListのSVHCは合計182物質が収載されることになります。 臭素系難燃剤であるポリ臭素化ジフェニルエーテルやヘキサブロモシクロドデカンは過去に世界中で多く使用されてきましたが、先に述べた性質からストックホルム条約において新規残留性有機汚染物質(POPs)に指定、またはその候補物質に挙げられ、「製造・使用・輸出入の禁止等の規制」に至っています。 マイレックスはPOPsに指定されて製造・使用共禁止されましたので,難燃剤としての使用もできなくなり,デクロランプラスが開発されました。

6

SVHCリスト

プラス デク ロラン プラス デク ロラン

Candidate list収載待ちだった1物質も合わせて合計4物質の追加になります。

5

REACH規則 第18次SVHCが確定しました。

プラス デク ロラン プラス デク ロラン

今,千駄木のご隠居が帰ったとこなんだが,すれ違わなかったかい?」 「いえ。 第11次SVHC候補として4物質が挙げられていましたが、4物質全てがCandidate Listに収載されました。 ですが、そのように決まるまでには色々な手続きがあります。

デクロランプラスCAS 13560

プラス デク ロラン プラス デク ロラン

検討結果をもとに、締約国会議に勧告される(勧告されない物質もあるんだろうな)• 締約国会議(COP の結論を受け、化審法の審議会で検討がなされ国内法の規制に追加される 前にも書きましたが、も実施されているのです。 UVCBと明確に定義された個々の異性体とその混合物を含む。

3

マイレックス

プラス デク ロラン プラス デク ロラン

1,6,7,8,9,14,15,16,17,17,18,18-Dodecachloropentacyclo [12. (社会的経済的な利益) まとめ (1)ECHA(欧州化学品庁)は2019年10月1日付けで、EU委員会に対してSVHC物質から18物質を認可対象物質として認定し、附属書XIVに収載する提案を行いました。

欧州REACH規則の高懸念化学物質(SVHC)最新情報

プラス デク ロラン プラス デク ロラン

提案理由 4,4'-プロパン-2,2'-ジイルジフェノール (ビスフェノ-ルA、BPA 4,4'-isopropylidenediphenol Bisphenol A ,BPA 80-05-7 c Toxic for Reproduction 生殖毒性) f Endocrine disrupting properties -human health 人の健康に対する内分泌かく乱性) f Endocrine disrupting properties -environment 環境に対する内分泌かく乱性). 旧文書 ECHAの公式文書(外部リンク) SVHCの追加(7物質) 日本語名(参考) 英語名 CAS No. これにより、SVHCは合計168物質になりました。 これで、Candidate ListのSVHCは合計197物質になりました。

5

SVHC(高懸念物質)としてリストに追記された7つの新たな物質について

プラス デク ロラン プラス デク ロラン

製法 [ ] の存在下で、の二量化によって製造される。 しかしそれらの原料となるプラスチックや繊維、発泡スチロールは燃えやすい性質をもち、火災が発生した場合、大きな被害が発生する危険があります。

11

経産省と環境省、残留性有機汚染物質検討委員会第15回会合(POPRC15)の結果を公表|環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア

プラス デク ロラン プラス デク ロラン

これにより、Candidate ListのSVHCは合計205物質になりました。 第6次SVHCとして20物質が特定されました。

欧州REACH規則の高懸念化学物質(SVHC)最新情報

プラス デク ロラン プラス デク ロラン

お山開きときたら,次は川開きです。 提案理由 192 2,2-ビス 4'-ヒドロキシフェニル)-4-メチルペンタン 2,2-bis 4'-hydroxyphenyl -4-methylpentane 6807-17-6 c Toxic for Reproduction 生殖毒性) 193 ベンゾ[k]フルオランテン Benzo[k]fluoranthene 207-08-9 a Carcinogenic 発がん性 d PBT(難分解性、生物蓄積性、有毒な物質) e vPvB(極めて難分解性で生物蓄積性が非常に高い物質) 194 フルオランテン Fluoranthene 206-44-0 d PBT(難分解性、生物蓄積性、有毒な物質) e vPvB(極めて難分解性で生物蓄積性が非常に高い物質) 195 フェナントレン Phenanthrene 85-01-8 e vPvB(極めて難分解性で生物蓄積性が非常に高い物質) 196 ピレン Pyrene 129-00-0 d PBT(難分解性、生物蓄積性、有毒な物質) e vPvB(極めて難分解性で生物蓄積性が非常に高い物質) 197 1,7,7-トリメチル-3-(フェニルメチレン)ビシクロ[2. 今回提案された18物質について、具体的に示したいと思います。

17