ミッドウェー海戦 編成

海戦 ミッドウェー 海戦 ミッドウェー

午前3時7分 06:07 、フレッチャー少将はスプルーアンス少将に「南西に進み、敵空母を確認せば、それを攻撃せよ」と命じ 、これを受けたスプルーアンス少将は午前4時(07:00)過ぎに攻撃隊発進を命令、第16任務部隊は次からなる117機の攻撃隊を発進させた。

ミッドウェー海戦 ~わかりやすく解説【負けるべくして負けた】

海戦 ミッドウェー 海戦 ミッドウェー

火災が発生し、飛龍もまた継戦能力を喪失しました。 この辺はサッカーのゴールと似ています。

ミッドウェー海戦

海戦 ミッドウェー 海戦 ミッドウェー

このとき、第二航空戦隊司令官の少将は、兵装転換をせずに直ちに攻撃隊を発艦させるように進言するが、南雲に受け入れられることはなかった。 空母ホーネット• 航空音痴(南雲長官)の提督が指揮を執らなければならない程、日本海軍人事システムは硬化していたと言えます。 ニミッツ大将はこの結果をミッドウェー基地の部隊に伝えたが、ではこの情報を全面的には信用せず、日本軍のではないかと疑問を持つ者もいた。

3

ミッドウェー海戦

海戦 ミッドウェー 海戦 ミッドウェー

珊瑚海海戦で、戦略的敗北を喫した日本 こうして史上初の空母VS空母の戦いは終わった。

13

山口多聞とミッドウェー海戦~稀代の提督が示した「勝利の要諦」とは

海戦 ミッドウェー 海戦 ミッドウェー

連戦連勝の日本軍部首脳には、本土が攻撃されるとは思ってもいませんでした。 各空母からの発艦機数は、赤城から零戦9機、九九艦爆18機、加賀から零戦9機、九九艦爆18機、蒼龍から零戦9機、艦攻18機(800kg爆弾装備)、飛龍から零戦9機、艦攻18機である。

20

MI作戦

海戦 ミッドウェー 海戦 ミッドウェー

しかし頭で理解するだけの南雲司令部は、拙速に踏み切れなかった。

3